中国建材の仕入れサポートを始めたきっかけ

おもしろ情報

建材家具ドットコムというホームページを立ち上げていましたので、このドメイン「建材・アジア」は活用されていませんでした。

 

中国建材の仕入れをテーマにブログを書くことになりました。中国建材の仕入れといって、私自身、このジャンルの仕事は、随分長い間行っています。

ほんと、これもご縁だなと思うのです。これもたまたま弊社のお客様で、アメリカから建材を仕入れていたお客様が、アメリカの建材展示会にいって商品を見てもほんとどが、中国製ではないかということで、中国から小ロットで、いろんな建材を日本に輸出できないかという相談から、今のビジネスは始まりました。

 

2004年のことです。当時は、いまほど、中国製品が良い時代とは言えなかったですが、日本から多数のお客様が中国建材の見学に来ました。

私自身も中国の建材市場の見学ツアーを案内しており、日本の建築関係の方を数百人は案内したと思います。また、日本全国、多くの現場に、中国建材、家具、インテリアを輸出させていただきました。

中国で仕入れるメリットは、中国の不動産デベロッパーは、マンションなどは、すべてスケルトンの状態で販売しています。そのために、街のいたる所に建材市場が点在していました。特に、2000年以降は、中国全土でマンション建設ブームで至るところが工事だらけでしたので、中国には無数の建材メーカーがうまれました。

そのため、世界の建材のすべてが、ここにあると思えるくらいメーカーができ、その結果、中国ではなんでも建材、家具、インテリアを特注で発注できる仕組みができました。

ある意味、建築の考えると中国はかなり面白い世界になります。

私も、上海を始め、浙江省、江蘇省、広東省と、中国のあちらこちらの建材メーカーに足を運び、色々発注して、日本に輸出しました。

ある意味、この事業を自ら立ち上げましたが、教えてくれる先輩もなかったので、自ら模索して、中国で事業展開致しました。

そのために、本事業の作業については、中国のメーカー、職人との図面打ち合わせ、交渉、また、貿易実務、国内外の物流手配など、一通り自ら行っております。

2004年から本事業を開始しておりますので、今年で16年目に達しております。中国仕入れのを中国の現地で長期間行ったノウハウは色々あります。

いろいろ本ブログでは情報を書いていきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました