カテゴリー: 未分類

結局、職人がなくなると外国依存が増大する

結局、職人がなくなると外国依存が増大する

 

 

日本の建築業界は、今人材が確保できないと悩んでいる。理由は、設計デザインという世界ではない。実際に、設計がデザインをした造形物を作る人材が不足している、

 

日本の建築を見ると、なんだか、直線が多く、無機質な感じするものが多い。それをモダン的デザインとほめる方法もあるが、そろそろ、多くの人に飽きが来ている。

 

実は、モダンデザインは、直線をならべているだけであるので、建築としては、割合簡単な部類に入る。難しいのが、特殊な造形物、デザイン性のあるもの、簡単に英場、凹凸があるデザインで機械で大量生産が難しいもの。例えば、彫刻のようなものです。

 

それは、職人が手作業で行うものの場合、そんな特殊加工ができる日本人の若い職人が育っていないことも言える。また、現在、そのような特殊な世界をやってる職人もほとんどが60歳以上になっており、もう10年もすれば、完全に退職していくという現状がある。

 

職人がいなくなったからそれをしなくてもいいというわけにもいかず、結局、外国の職人に頼る以外方法がないというのが現状である。

 

私たちのビジネスビジョンは、そこにあります。もともと建材家具を日本に輸入する仕事を長年やってきました。

多くの中国の職人と出会い、彼らの器用な技術には、感銘をうけました。

 

人は、中国クオリティーだとひと昔前までは、中国の技術をあまり認めていない点もありましたが、今や、日本国内で特注の世界で、費用対効果を出すのは難しく。ほとんどが、国宝級の技術者と超高額な値段ということが言えます。しかし、世の中のニーズは、そこまでの値段で対応することが難しく、結論、外国の職人に頼ることになります。また、技術が難しいのもあり、若い世代の跡継ぎを簡単に排出できないという点も言えます。

 

3Dプリンターで対応すればいいという意見もありますが、本物の素材でそれをするのは、まだまだ難しいことが言えます。

それらの条件を考えても我々の行っている事業のニーズは、十分にあります。

病院や学校の家具 日本独自の環境基準

病院や学校の家具

 

いやぁ、実は、日本は面倒なんですよ。なぜ、面倒かといえば、病院や学校などの公共性の高い場所では、環境基準でF☆☆☆☆のレベルを求められる。

 

過去に、何度か学校や病院の家具を中国でつくったことがありますが、書類をどうするか悩みした。

 

建築確認をする際に、設置する家具に、F☆☆☆☆ の環境基準を適応させているかを証明する書類を添付するようにいわれますから・・・

 

そこは、やるしかないということで、中国の一般的な建材メーカーから材料を仕入れれば、その書類はだせませんが、日系の建材メーカーも中国に出ていますので、そこから、資材を調達して、資材がF☆☆☆☆をクリアーしている商品だけで作っていることを証明して、なんども建築確認をパスしてきました。

 

F☆☆☆☆って、日本独自の基準ですから、実は、外国で作る場合、それを証明して、、、と言われても結構こまるのです。日本のメーカーから資材を調達すると中国で作るメリットがあまりなくなります。高くなるのです。

 

ただ、日本に特注をやってくれる職人が減ってきたという現状を考えれば、まだまだ、仕事の価値があるとおもいますが・・・

海外建材の輸入商社を再開するぞ!

海外建材の輸入商社を再開するぞ!

 

さて、私が中国ビジネスを長年やってきて一番大きな売り上げを作っていた分野は、「建材・家具・インテリアの日本向け輸出でした。」中国の建材市場や工場で特注で建材・家具を作り、それをコンテナに入れて、日本の現場に輸出していました。日本側から見れば、輸入ですね。

 

2002年から中国貿易を本格的に始め、2004年から独立して貿易会社を上海で経営をしていました。そのとき、ある友人の輸入住宅会社の社長が、僕に話しかけてきたのです。

 

アメリカで建材を買って、日本に輸入しているのですが、どうも、中国製ばかりで、アメリカで買う意味をかんじないのですが、中国から直接買うことができますか?という声をかけてもらったことが初めだった。

それから、中国建材や中国家具を一生懸命、中国で製造して、日本向けに出荷しました。実際には、私が、網膜剥離で目が見えなくなったことで、仕事をストップしましたが、2013年の年末まで仕事は、行っていたと記憶しています。それから、2年以上の歳月がたち、私の目も奇跡的に、失明状態から矯正視力1.0まで回復しました。色彩もほぼ問題なく見分けることができるようになりましたので、そろそろ、建築図面を見ても問題なく仕事ができるようになりました。

 

今日は、日本の法人経営について、中小企業診断士の先生と話をしていて、気付くことがありました。

「過去遣っていた事業で、一番得意な業種はなんですか?」と言われたときに、一番話ができるのが、建材の商売だったのです。

いろいろやりましたが、実際に数億の売り上げを毎年つくっていたのが、建築資材及び家具インテリアの商売だったのです。

また、最近は、友人から建築現場に人がいなくて、困っている。仕事があるけど、仕事をするひとがなくなっている。中国から建設系の労働者の派遣をしたらどうかなど・・・ここ最近、建築についての相談を受けることが増えてきた。流れが来たのかもしれない。

 

実は、僕は、建築を専門的に勉強したわけでもなかったが、一番儲かるからという理由で、中国で商売しているときに、積極的にビジネスを行いました。確かに、10年以上も一級建築士の先生などと建築資材についての話をしながら建材商社をやっていると詳しくなりました。しかし、毎日やっている仕事って新鮮さがないので、最近、意識を向けていませんでしたが、どうしても長年続けていた仕事というものの話が来ます。人には、縁がある仕事というものがあるのでしょうね。

 

建築資材の貿易商社をまた、徐々に再開することに決めました。2016年の目標は、建築資材の貿易商社を再開するということ。これも、今年行うべきことになりました。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén