結局、職人がなくなると外国依存が増大する

 

 

日本の建築業界は、今人材が確保できないと悩んでいる。理由は、設計デザインという世界ではない。実際に、設計がデザインをした造形物を作る人材が不足している、

 

日本の建築を見ると、なんだか、直線が多く、無機質な感じするものが多い。それをモダン的デザインとほめる方法もあるが、そろそろ、多くの人に飽きが来ている。

 

実は、モダンデザインは、直線をならべているだけであるので、建築としては、割合簡単な部類に入る。難しいのが、特殊な造形物、デザイン性のあるもの、簡単に英場、凹凸があるデザインで機械で大量生産が難しいもの。例えば、彫刻のようなものです。

 

それは、職人が手作業で行うものの場合、そんな特殊加工ができる日本人の若い職人が育っていないことも言える。また、現在、そのような特殊な世界をやってる職人もほとんどが60歳以上になっており、もう10年もすれば、完全に退職していくという現状がある。

 

職人がいなくなったからそれをしなくてもいいというわけにもいかず、結局、外国の職人に頼る以外方法がないというのが現状である。

 

私たちのビジネスビジョンは、そこにあります。もともと建材家具を日本に輸入する仕事を長年やってきました。

多くの中国の職人と出会い、彼らの器用な技術には、感銘をうけました。

 

人は、中国クオリティーだとひと昔前までは、中国の技術をあまり認めていない点もありましたが、今や、日本国内で特注の世界で、費用対効果を出すのは難しく。ほとんどが、国宝級の技術者と超高額な値段ということが言えます。しかし、世の中のニーズは、そこまでの値段で対応することが難しく、結論、外国の職人に頼ることになります。また、技術が難しいのもあり、若い世代の跡継ぎを簡単に排出できないという点も言えます。

 

3Dプリンターで対応すればいいという意見もありますが、本物の素材でそれをするのは、まだまだ難しいことが言えます。

それらの条件を考えても我々の行っている事業のニーズは、十分にあります。