病院や学校の家具

 

いやぁ、実は、日本は面倒なんですよ。なぜ、面倒かといえば、病院や学校などの公共性の高い場所では、環境基準でF☆☆☆☆のレベルを求められる。

 

過去に、何度か学校や病院の家具を中国でつくったことがありますが、書類をどうするか悩みした。

 

建築確認をする際に、設置する家具に、F☆☆☆☆ の環境基準を適応させているかを証明する書類を添付するようにいわれますから・・・

 

そこは、やるしかないということで、中国の一般的な建材メーカーから材料を仕入れれば、その書類はだせませんが、日系の建材メーカーも中国に出ていますので、そこから、資材を調達して、資材がF☆☆☆☆をクリアーしている商品だけで作っていることを証明して、なんども建築確認をパスしてきました。

 

F☆☆☆☆って、日本独自の基準ですから、実は、外国で作る場合、それを証明して、、、と言われても結構こまるのです。日本のメーカーから資材を調達すると中国で作るメリットがあまりなくなります。高くなるのです。

 

ただ、日本に特注をやってくれる職人が減ってきたという現状を考えれば、まだまだ、仕事の価値があるとおもいますが・・・