海外建材の輸入商社を再開するぞ!

 

さて、私が中国ビジネスを長年やってきて一番大きな売り上げを作っていた分野は、「建材・家具・インテリアの日本向け輸出でした。」中国の建材市場や工場で特注で建材・家具を作り、それをコンテナに入れて、日本の現場に輸出していました。日本側から見れば、輸入ですね。

 

2002年から中国貿易を本格的に始め、2004年から独立して貿易会社を上海で経営をしていました。そのとき、ある友人の輸入住宅会社の社長が、僕に話しかけてきたのです。

 

アメリカで建材を買って、日本に輸入しているのですが、どうも、中国製ばかりで、アメリカで買う意味をかんじないのですが、中国から直接買うことができますか?という声をかけてもらったことが初めだった。

それから、中国建材や中国家具を一生懸命、中国で製造して、日本向けに出荷しました。実際には、私が、網膜剥離で目が見えなくなったことで、仕事をストップしましたが、2013年の年末まで仕事は、行っていたと記憶しています。それから、2年以上の歳月がたち、私の目も奇跡的に、失明状態から矯正視力1.0まで回復しました。色彩もほぼ問題なく見分けることができるようになりましたので、そろそろ、建築図面を見ても問題なく仕事ができるようになりました。

 

今日は、日本の法人経営について、中小企業診断士の先生と話をしていて、気付くことがありました。

「過去遣っていた事業で、一番得意な業種はなんですか?」と言われたときに、一番話ができるのが、建材の商売だったのです。

いろいろやりましたが、実際に数億の売り上げを毎年つくっていたのが、建築資材及び家具インテリアの商売だったのです。

また、最近は、友人から建築現場に人がいなくて、困っている。仕事があるけど、仕事をするひとがなくなっている。中国から建設系の労働者の派遣をしたらどうかなど・・・ここ最近、建築についての相談を受けることが増えてきた。流れが来たのかもしれない。

 

実は、僕は、建築を専門的に勉強したわけでもなかったが、一番儲かるからという理由で、中国で商売しているときに、積極的にビジネスを行いました。確かに、10年以上も一級建築士の先生などと建築資材についての話をしながら建材商社をやっていると詳しくなりました。しかし、毎日やっている仕事って新鮮さがないので、最近、意識を向けていませんでしたが、どうしても長年続けていた仕事というものの話が来ます。人には、縁がある仕事というものがあるのでしょうね。

 

建築資材の貿易商社をまた、徐々に再開することに決めました。2016年の目標は、建築資材の貿易商社を再開するということ。これも、今年行うべきことになりました。